・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  初めての方は直ぐ下の「最初にお読みください」からどうぞ。  ・・・・・・・・・・・・・ 高血圧と乳製品 « 癌闘病記 (癌よさらば)

高血圧と乳製品



高血圧と乳製品が関係あるという医者は、まだ少ないようです。

ガンの相談に見える方の中には、ご夫婦のどちらかがガンで、一方が高血圧や糖尿、高脂血症などと言う方が多いのですが、食事療法をご夫婦で実行されると片方の病も治るのが殆どです。

特にご婦人の高血圧の場合、骨粗しょう症の予防になると思って牛乳など好きでもないのに呑んでおられたりします。

油脂類を断ち切る意味で牛乳をはじめとする乳製品の一切をやめると不思議と血圧が平常値に近くなるか、平常になってしまう方がほとんどです。理由はよく分かりませんが、これが事実です。

血圧が高くなる理由の一つに血液が粘っこくなることが考えられます。水ならどんな細い穴でも通るのにドロッとした油類は通るのが難しいのと同じように、人間の血管でもサラッとした血なら圧力がかからずに通るのにドロッしていれば無理に圧力をかけないと通らないことになります。

牛乳などの乳製品は油を含んでいますが、これが血液に吸収されて血が濃くなるのか、他の理由かは分かりませんが血が粘っこくなるのは確かなようです。

乳製品とは、牛乳だけではなく、バター、チーズ、お菓子などのクリーム類、ヨーグルト、乳酸菌(植物性のものは別)などの全てです。

戦後急激に広がった食物ですが、ガンや高血圧などの病気の増え方を見ると良い方に作用しているとは考えにくく、やめるとこれらの病気が改善されたり治ってしまったりする事を考えれば、乳製品がこれらの原因の一部であることは確かなようです。

高血圧でお困りの方で乳製品にお心当たりのある方は一度試してご覧になる価値はあると思います。

Comments are closed.